福島県|産婦人科で受ける子宮癌検診の内容

【無料の企業PR広告】
■該当件数2件 | 1 | 2 | 次へ>
TOP > 福島県 > 大川レディースクリニック

産婦人科で受ける子宮癌検診の内容


多くの自治体で20歳以上の女子は子宮頸がん検診が無料で受けられるようになっています。
自治体主催の検診でも、地域の産婦人科、あるいは婦人科で受診するようになっているのが一般的です。
子宮頸がん検診と、子宮癌検診は検査自体はほぼ一緒です。
診察所に行き、受付を行うと、診察室に呼ばれ簡単な問診で自覚症状の有無を聞かれます。
不正出血、下腹部痛など異常の自覚がある場合はここで伝えます。
次に診察室での内診です。内診は子宮頸部をブラシでこすり、細胞の検体を取ります。
内診は膣を少し拡張しますので、人によって痛みを感じることがありますが、ほとんどの人で無痛です。
それを検査機関での検査に出し、約3週間前後で再度検査結果をクリニックに取りに行く、という内容が一般的です。