製造・機械・部品|クラッドメタルのポイントは原子間結合

【無料の企業PR広告】
■該当件数3件 | <前へ | 1 | 2 | 3 |
TOP > 製造・機械・部品 > バイメタル・ジャパン株式会社

クラッドメタルのポイントは原子間結合


複数の金属を結合する方法には、いろいろな方法がありました。特に材料同士が剥離してしまうという大きな問題は、解決できない部分だったといえるでしょう。この問題を解決させることができたのが、クラッドメタルです。複数の金属を接着させるのではなく、接合させているところがポイントになってくるでしょう。圧力をかけて面接合するようにするため、お互いの材料に入り込む状態を作り出せます。そこに熱をかけて処理するのがクラッドメタルであり、原子間結合を強めていけるため、剥離するようなことが起きません。接着して一体化させるのと大きな違いを生む部分です。原子間結合させているため、必要な暑さに伸ばせるのも違いでしょう。クラッドメタルであれば、利用できるサイズに作り出せるのですから、設計に合わせた高い性能を発揮させられるようになります。一定の寸法に切断もできるため、設計に合わせた高い性能を持つ金属を作り出すことができるでしょう。